敏感肌の私が出会った最高の化粧水

敏感肌の私が出会った最高の化粧水

敏感肌の私はパッと見では綺麗な肌をしていると思われるのですが、その裏では結構な苦労をしています。

 

例えば紫外線です。

 

別にカンカン照りの日でなくても少し日差しがあると、あっと言う間に真っ赤になってしまうのです。

 

今日は曇っているから大丈夫と出かけてみると、帰ってくると肌に違和感があります。

 

この時のヒリヒリ感はなかなか辛いですよ。

 

辛いと言えば特にメイク選びが難しいです。

 

例えば日焼けしてしまった時にも使う化粧水ですが、私の肌に合うものがなかなかありませんでした。

 

最も基本的で刺激が少ないと思われがちな化粧水でさえ、そのチョイスが難しいのです。

 

その中でも比較的刺激が少ない物を選んで、保湿を心がけながら現在に至っています。

 

部屋ではスチーマーと蒸しタオルが定番アイテムですね。

 

ですが最近、こんな私の敏感肌でも快適に使える化粧水を見つけました。

 

それはアヤナスRCローションです。

 

同じく敏感肌で困っていた従姉妹に教えてもらって試したところ、全く刺激を感じなかったのです。

 

おかげさまで化粧乗りも良くなったような気がします。

 

アンチエイジング効果もあるようなので、お肌の曲がり角を越えた私にはまさに最適の化粧水と言えるでしょうね。

年齢で使い始める敏感肌化粧水

 

美肌のために多くの方法で綺麗にしていますが、その方法が間違っていることによって敏感肌になってしまいます。

 

これは合っていないものを使ってしまったり、使い過ぎなどによって肌が脆くなってしまうためになってしまうのです。

 

肌は非常に薄いものであるために、脆くなってしまうことで敏感肌になりやすくなります。

 

これは年齢によるものもあり、20代後半に差し掛かってくることで敏感肌になりやすい体質になってしまうために寝れば次の日に治るというようなことは少なくなります。

 

20代前半のうちは良かったものが20代後半になると同じ化粧水でも肌の反応が異なってくるために、考え直さないといけないのです。

 

これを継続することをやめて、化粧水などに切り替えることが重要となります。

 

間違った方法でしていた時に敏感肌化粧水などを浸透させることによって20代後半になっても敏感肌になっても困ることも少なくなります。

 

女性は特にファンデーションなど日常から多くの負担を掛けてしまうことがあるために、敏感肌になる確率もそれだけ高くなってしまうのです。

 

そのために20代後半になったら敏感肌化粧水を使用してから化粧というようなパターンにすることで良い状態で化粧をすることが出来るようになります。